株リーマンのための株エクセル日記

ファンダメンタル調べてもよく分からない、だったらスイングやデイトレで投資してみたい。でも調べたりするの面倒くさいという方に向けて、日々の値動きからお役に立ちそうな銘柄を探していくブログです。更新は夜中になりますので出勤前にでも確認を。

MENU
初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

2017と2018上場の今年ここまで



IPO銘柄のその後

さて、今年も半年がまもなく過ぎようとしています。

6月も終わりが見えてきました。

 

そこで、今日は

2017年上場と2018年上場銘柄の

大発会からの半年を追ってみました。

 

まずは2018年上場銘柄の半年です。

 

※表の株価は2019年(今年)の大発会の値です。

当時の時価総額と6/21時点での時価総額を比較したのが一番右の%表示になります。

f:id:f1monacosenna:20190624023455j:plain

2018IPO銘柄

 

 今年の値上がりベスト30です。

大発会では

ストップ安を記録した4427Edulabとかここから強かったですね。

上位5銘柄はご覧の通り

①1449 FUJIジャパン

②7048 ベルトラ

③4382 HEROZ

④4428 シノプス(リンク)

⑤7036 イーエムネット

となっています。

札証のアンビシャスからまさかの1位でした。

上位を見ると業績・テーマなど、当てはまる銘柄がやはり多いですね。

 

 

それでは、続いて2017年上場銘柄

※表の株価は2019年(今年)の大発会の値です。

当時の時価総額と6/21時点での時価総額を比較したのが一番右の%表示になります。

 

f:id:f1monacosenna:20190624023444j:plain

2017IPO

 やや懐かしい感じさえしますが、値上がり上位30銘柄の顔ぶれはご覧の通りです。

上位5銘柄は

①2334 イオレ

②3562 NO1

③7807 幸和製作所

④3993 パークシャー

⑤3992 ニーズウェル

となっており、上位3銘柄はすでに2倍以上

イオレに至っては、先週急伸して、ほぼ3倍となりました。

 

こういう視点で見ても、テーマや業績などで何か新しい発見が出来るかもしれません。

相場がお休みの時はこういった雑記を記載していけるように頑張ります。

それではまた。 

 

 

スポンサーサイト 

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

不動産投資セミナー

 のブランド品が毎日激安特価!お買い物なら楽天市場