日経平均と個別銘柄の値動き記録ブログ

先々の値動きは分からない、でも過去の値動きがどうだったのかは知ることが出来る。過去を参考に未来を予測する記録ブログを目指します。

MENU
お得な宿泊料金を検索

2020年03月13日

 

〇コロナショック相場継続中

 

1日の値幅が毎日、ドえらい事になってます。

前場かなり売られてましたが、後場に入り、前日同様上昇の動きでしたが前日も14時前後から売られ始めたのと同様に結局大きく戻してしまいました。

前場マザーズの個別は軒並み二桁安だった様に思いますが、後場はかなりの銘柄が戻してきた様な印象です。

ダウも大きく金曜戻しました。サンデーダウは大きく下げてますが、月曜日からは反発の流れを予想する人がTwitterでは多い様に思います。

〇1日の動き

 

日経レバETF(1570)

f:id:f1monacosenna:20200315155939j:plain

200313 1570

〇市況

 

日経平均株価は全面安状態

②一時1800円を超す下げ幅⇒1万7000円割場面も

日経平均は1128円58銭安の1万7431円05銭

④3日続落。売買代金は4兆8923億500万円。

⑤メジャーSQ。

⑥値上数は64と全体の約3%。

⑦前日ダウが2352ドル安と過去最大の下げ幅。前場1万6690円安値。後場ダウ先物の上昇で、一時約-400円まで縮小も引けにかけ売られた。

 

〇個別材料株

 

アンジェス(4563)

大幅続伸。新型コロナの予防ワクチンを大阪大学と共同開発に乗り出すと発表。製造はタカラバイオ(4974)。

13日、ダイセル(4202)も同ワクチンの開発に参画発表。

企業増加でワクチン開発への期待が再上昇との見方

 

クラボウ(3106)

2連続ストップ高

12日、新型コロナ抗体検査を15分で調べることができる検査試薬キットを16日から販売と発表。

日本は長時間の検査を要するPCR法が主流なため、高いニーズが予想されている。

 

エコモット(3987)

ストップ高新型コロナウイルス関連へ。

ウェアラブル装着が可能な赤外線サーモカメラにより、物理的接触を伴わずに発熱の疑いのある人物を検知可能なシステムの開発を発表。