日経平均と個別銘柄の値動き記録ブログ

先々の値動きは分からない、でも過去の値動きがどうだったのかは知ることが出来る。過去を参考に未来を予測する記録ブログを目指します。

MENU
お得な宿泊料金を検索

2020.03.23(月)の市況

こんばんは。

FRBは今夜、量的緩和を無制限に資金供給を強化する発表し

一時的に跳ね上がりましたが、再び下落に転じるなど、ダウは大きく乱高下しています。

と今夜のことはさておきまして。

 

23日も日銀は再び2004億円の買い入れを行っています。

 

それでは、23日の記録です。

<目次>

  

〇19ー20日(木金)のダウの値動き

f:id:f1monacosenna:20200324025147j:plain

0319-20 ダウ

20日終値 19,173.98 -913.21(-4.55%)

 

FRBが資産購入規模を一段と拡大との報道や良好な2月中古住宅販売件数が好感され上昇。

しかし、カリフォルニア州に続いてニューヨーク州も外出禁止命令が発令され、景気先行き見通しが一段と悪化し下落。
さらに、引けにかけ原油価格が20%急落して引けると下げ幅を拡大。

 

それを受けて、3連休明けの日経ですが、

 

〇23日の日経平均

 

f:id:f1monacosenna:20200324030922j:plain

0323 1570日経レバ

日銀がETFの年間購入枠を12兆円に倍増させ、前週19日には1日当たりの買入金額も約2000億円に拡大させたことで、下値に対する警戒感が緩和。GPIFなど年金系資金の買いも観測。また、後場に入ると日経平均寄与度の高いソフトバンクGが急騰し、全体を押し上げる格好となった。今日のアジア市場も軒並み安の展開も東京は異彩の強さをみせた。

 

日経平均 16,887.78 +334.95(+2.02%)でした。

 

続いて

マザーズ指数

f:id:f1monacosenna:20200324031716j:plain

0323 マザーズ指数

マザーズも下落して始まるも日銀のETF買いへの期待から日経平均底堅い動きをみせると、次第に個人投資家センチメントも改善、朝方を安値、その後はもみ合う展開

マザーズ指数 560.17 +2.31(+0.41%)

 

〇気になるランキング

まずは19日の値下がりランキングをご覧ください

f:id:f1monacosenna:20200324032702j:plain

3.19値下がり

軒並みリートがストップ安を記録しています。

ところが、23日の値上がりランキングになると

一転ご覧の様に

f:id:f1monacosenna:20200324032817j:plain

3.23 値上がり

リートが軒並み高となっています。

反面、前日好調だった空運、小売などは一転売られるなど

1日で主役の業種が変わる為、中々しっかり握れない展開が続いています。

 

〇個別銘柄

f:id:f1monacosenna:20200324033634j:plain

9984 ソフトバンク

ソフトバンクG・・・4.5兆円の資産売却を実施し、自社株買い(最大2兆円)や負債削減に充てると発表したことを材料視

 後場ご覧の様な急騰、ストップ高で引けました。

 

その他では・・・

インフォコム(4348) 1952 +334
急騰。先週末にかけて下げがきつかった銘柄では、本日急反発となるものが多く逆に、先週末にかけて買い戻しで上昇した銘柄は、総じて戻り売りに押される展開。

決算説明会のオンライン開催をリリース+今期業績予想達成に向けて順調に推移していると発表が安心感に。

アイロムG(2372) 1229 +118
急騰。新型コロナに対する新規ワクチン開発における文科省への申請が承認。新規ワクチンの共同開発合意は発表していたが、承認取得により製造可能へ。7月にも動物実験を始める見込みで、ウイルス対策関連の期待が先行。

 

この辺りが気になる材料でした。

さて、今夜は先物がダウに対してとにかく強い。

明日の寄り付きは高くなりそうですね。

それでは、また。